2021年05月24日

続・終活の勧め

■一寸先は闇だとしても

ちょっと真面目な話。

以前にも書いたことがあるのですが、身内と終活について話す機会があったので整理も兼ねて。

終活の定義も人によってまちまちで、遺言書など法的なやり取りをきちんと進める方もいれば
死ぬまでにやりたいことリストだけ作る人もいるかと思います。

とはいえ、年齢的にも健康的にも差し迫った終わりが見えていないうちから遺言書とか作り出すのも
ハードルが高いので、まずはエンディングノートを作成するあたりがおすすめです。

別に普通の大学ノートでもいいのですが、書くべき内容がある程度まとまっているのと、
何より「第三者が認識しやすい」という点で市販のエンディングノートを使うのが良いと思います。
いざと言う時、本棚のノートを1冊1冊確認している余裕はないので
背表紙だけで一目で内容がわかることは重要。



■まとめておいた方がいいことリスト

一般的な会社員を想定。
自営業なんかだともうちょっと面倒くさい。

@財産リスト
最重要。
銀行口座はどこにあるのか。
個人年金や株式の有無。
全ての書類を完璧にファイリングしてるような人はともかく、そうでないと財産の有無を調べるのも一苦労なので、
どこにあるかだけでも情報がまとまっていると助けになります。

セキュリティ上もそうですが
死亡後に相続手続きを経ずに勝手に引き落とすとトラブルの原因にもなるため、暗証番号やパスワード等は不要。
存在することが分かっていれば問い合わせて解決できます。

もし誰かにお金を借りているなどあれば負の財産もきちんと書いておくと
後で遺族が動揺しなくて済むと思います。というか返しておきましょう。


A葬式にまつわる意向
費用はどれ位を想定するか。
誰を呼ぶか。
お墓はどこに入れるか。
遺影用の写真なんかも添付しておきたいです。

普段から友達と写真撮ったり旅行に行ったら自撮りするような人はいいんですよ。探せば何とでもなると思うので。
自撮りが嫌いで写真なんか残さないという人こそ、いざと言う時遺影の写真がなくて周りが困らないよう
証明写真機でいいので一枚とって添付しておくといいと思います。
5年10年に1回更新すれば十分。
私の場合、用意しておかないと小学校入学あたりまで写真遡っちゃうんじゃないかな・・・


葬式に関しては、時折やたらと口だけは出す人がいるので
こだわりがない人ほど明言しておきたい。
故人の意思に勝る印籠なし。

また住所録を紙でつけてる人も今どきあまりいないと思うので、亡くなると
あなたの交友関係がほとんど分からなくなってしまいます。
遺族からすると後で亡くなったのを知って訪ねてこられるのも対応がしんどい、
とはいえ誰に連絡が必要かわからない、となるので
連絡してほしい人がいる場合は連絡先をまとめておくと吉。
いまどきはFacebookなんかで投稿するのも楽かもですね。


B相続について
ものすごく資産があったり親族が険悪とかでなければ、法的に有効な形での遺言状までは不要かもしれませんが
「法定通りに相続してほしい」という一言だけでも残しておくとよいかと思います。
亡くなった後、残った人間の間で「誰が面倒を見た」など変な形で揉めないように。
あなたの家族が揉めなくても、その夫や妻、甥や姪、さらにその他の関係者で変なことを言い出す人が出ないとは限りません。
やっぱり故人の意思表示が強い。
ほんとに心配な場合はちゃんと遺言書を残しましょう。


Cエンディングノートの存在自体の共有と更新
ノートに書くことではなくて別途やっておくべきこと。
せっかく必要な内容をきっちり揃えていても、誰も気付いてくれないと意味がありません。
人が亡くなった後、特にそれが突発的だった場合、周りも混乱しており落ち着いて周りを見渡すことができないので
「いざと言う時エンディングノートがあるので見てほしい」だけでも関係者に伝えておくとよいかと思います。
また、実際書いてから何年、何十年と時間がたつと思われるので定期的に内容を見直して
「2021年確認」などすると、これが最新の情報かどうか遺族が迷うことが減ると思います。



■元気なうちに、自分で書くしかない
死んだ後の整理って、いよいよ余命いくばくもなくなってから、と考える人もいますが
自分ではまだまだ生きれるつもりがぽっくり逝くこともあるわけで。

そうでなくても、病気になっていよいよ最後が見えてきた、という状況で
周りの人間は「何かあった時のために書いて」とはとても言えません。


だからこそ、明日に何の不安もない今、自分で準備をしておくことが必要だよね、みたいな話をした日曜日。
posted by ポワロ at 01:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月11日

天丼を食べただけの話

子供の頃、父親が読んでいた「サライ」に都内の老舗天丼屋が載っていた。
イラスト付きで店内の様子まで書かれており、なぜだか妙に心惹かれた。

繰り返し読んでは天丼に対する憧れが募っていった。
もともと外食する家庭では無かったのもあるが
田舎に天丼屋は殆どなく、てんやのようなチェーン店も存在していなかった。

食べる機会自体がないので天丼自体に好きも嫌いもなかったが、
遠い東京に対する憧れと重なったんだろうと思う。


それから10年以上が経ち都内に通う大学生になっていた。
すっかり天丼への憧れは忘却し、たまにてんやで食べるくらいの物になっていたが
どうやら親は、子供が熱弁していたものを覚えていたらしい。

上京してきた親と長い列に並んで天丼を食べた。


ーーー美味しくなかった。


店を出た後、あんまり美味しくなかった、と率直にこぼしてしまい
親もそうだね、と笑っていた。
口直しに甘いものでも食べに行こうと誘う親に、予定があるからと伝えてすぐに別れた。


あれからさらに時間が経ち、件の天丼の味はすっかり忘れてしまった。
食べログを見るとそれなりの点数がついていて、果たして本当に美味しくなかったのか、自分の記憶に自信がなくなってきた。

反抗期というほどではないけれど
親と一緒に何かをするのに気恥ずかしさが残っている頃だった。
なんとなく斜に構えて、美味しくないと通ぶってみるのがかっこいいと思っていただけじゃないのか。


そんな気持ちで再び、今度は自分一人で天丼を食べた。


−−−うん、やっぱり美味しくないわこれ。


世の中にはもっと美味しいものがいくらでもある。
それを知っている程度には大人になった。


叶うなら、親にもっと美味しいものをごちそうしたかった。
ただそれだけの話。
posted by ポワロ at 21:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月08日

4700時間の冒険にさよならを

■オラクルに決着を
pso20210504_222333_000.bmp

ログイン放置も相当あったとはいえ、他サーバーのキャラも含めて合計すると4700時間超。
はまりにはまって3ハードをまたいでプレイした初代PSOも、ROもここまではプレイしてなかった。
というわけでサービスインから何度も長期休止を経つつも、人生で一番プレイしたゲーム。
再びのオラクルへ。

昨年にはシナリオが完結したと聞いていたのでいつかやろうと思いつつずるずると半年以上が経過しましたが、
NGSが来るまでには完了させようとGWを利用して再開しました。

pso20210503_224239_000.bmp
休止明け、操作方法を忘れているのは毎回なんですが今回は1年半以上空いてたこともあって忘れぶりが今までになかった。
まずLv90にした覚えがないし、持ってる武器も身に覚えがない。
え、85LVが上限じゃなかったっけ。オブリサナヴフトってなんだ。

すわアカウント乗っ取りかと一瞬混乱しましたが、過去のスクリーンショットを見るとどうやら自分で育てた模様。
コレクトか何かで貰ったから記憶がないんだな…。アトライクスあたりまでは覚えてたんですが。

さすがにいまからLv上げなおして、アイテムも揃えなおしてはしんどいな、と思ってたのですが
ストーリーはカジュアルという難易度ハード程度の簡単モードがあるようで
特に変えずにサクサク進められました。よかったよかった。

■前回までのあらすじ
pso20210504_222820_001.bmp

―――【若人】四天の一人、誤解のアイカ。


いや全く覚えないな?


アイカはアニメに出てたキャラだったような記憶はありますが、四天とか何の話だ、と
最後まで思い出せないままサクサク進行。
EP3あたりまでは割とちゃんと追ってたんですが、EP4はキャンペーンか何かでほぼ全スキップだったし
EP5は間が空きすぎて話ついていけなくなってたんですよね。

オメガとかいうファンタジー世界で、ルーサーやらなにやら同じ顔の違う人がいっぱい出てくる話だったのは覚えてる・・・というくらいの
認識のままEP5完走。

EP3まではなんだかんだ、仮面、マトイ、ルーサー、シオンと話しまとまってたんだよなー・・・。


というわけでいよいよ完結のEP6.
大昔生贄にされた、ハリエットと同じ顔のシバがラスボスとのこと。
pso20210507_232344_000.bmp
ラスボスは独り言多くなるのありがち。



pso20210507_233358_002.bmp
NPC全員集合という感じで、そういやこんなキャラいたなあと懐かしくなりました。
個人的に一番お世話になったのはクロトなんですがさすがに来なかったですね。


pso20210508_000052_006.bmp
いつのまに六芒に。
別にそんなに強い設定じゃなかった気がするんだけど、ゼノもなってるしまあいいのか。

突っ込まずにはいられない感じで進めつつも、ベタな全員集合は割と好きです。
こういうのは奇をてらわなくていい。

アークスとかろくでもないから見限って仲間にならないか、という大魔王バーン様ムーブ。
pso20210507_235109_003.bmp
まあ毎回鉄砲玉にされてるしね…。


pso20210507_235119_004.bmp
おまえを倒して、このオラクルを去る・・・!そしてNGSに

最近ダイの大冒険読み直して
「地上の人々すべてがそれを望むのなら・・・おまえを倒して、この地上を去る・・・!」
いいシーンなんですけど、いや絶対仲間とか望まないのわかってるやろ「すべてが」って条件つけるのずるくない?
とか台無しなことを思ってしまいました。

さておき。仲間になるバッドエンドの選択肢も欲しかったですが、選択肢なしなのでサクッと倒します。



pso20210508_001901_010.bmp
そんなこんなで、EP1-3もきっちりリアルタイムでクリアしてたのでサクッとグランドエンドに到達。

pso20210508_002022_012.bmp
総決算。
半分くらい覚えてない画像だったりしたのが無念。
浮かぶ画像にプレイヤーのスクリーンショットを読み込めるとそれはそれでよさそうだけど、ギャグになっちゃうか。


pso20210508_003626_017.bmp
なんかキモイのいたけどカジュアルモードなので気弾撃ってるだけで楽勝。


pso20210508_005109_020.bmp
というわけで足掛け9年にわたるPSO2の冒険はこれにて完了。

シナリオはすごい面白いとかではないんですが、年単位でプレイしないときもありつつも
9年もの間付き合ってきたゲームが完結を迎えたということで感慨深いものがありました。

小学生が高校生になるくらいだもの。

オンラインゲームは人気絶頂のまま終われることがほぼないので、望まぬ終わり方をしたゲームが星の数ほどある中
きちんと完結したことに拍手を。

とは言いつつ、一番感慨深かったのは
pso20210508_004252_019.bmp
エンディングムービー中のなんでもない風景なんですよね。

あー、さんざん周回したなーとか。

やっぱりオンラインゲームなので人と遊んだ記憶が一番強く残るんですよね。
凍土は実装時、バンサー夫妻がどうしてもソロで倒せなくて、入ったチームのみんなに助けてもらって初めてクリアした、という意味でも思い出深く。

遊んでくれたすべてのフレンドに感謝を。


ゲームですら対人コミュニケーションをとる気力が枯れる昨今、仮にNGSプレイしても一人で細々やるんだろうなあとか思いつつ
PSO2が最後の、人と沢山遊んだゲームになりそう。



■本当に最後の戦い
pso20210508_010050_021.bmp
ストーリー終わらせたタイミングでちょうどラスボス緊急クエストが来ていたので、ハードでソロ参加。
エクストラハードくらいならいけそうだけど、今更レアドロップ求めるでもないしゆっくり倒そう。


pso20210508_010708_023.bmp
pso20210508_010813_026.bmp

たった一人の最終決戦、完。
きちんと最後までやりきれてよかった。

サービスはまだ続いていきますが、おそらく今後の拡張はあまりないであろうPSO2.
サーバーがいつか落ちる頃、もう一度くらいはまたオラクルに行きたいですね。
posted by ポワロ at 02:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月08日

さようなら、すべてのエヴァンゲリオン

■シン・エヴァンゲリオン公開

朝一早速見てきました。
場所と時間柄満席というほどではなかったですが、さすがに結構な入りでした。

それまでアニメに全く縁がなかったあの頃、エヴァによってオタクに引きずり込まれた
一人としてこれだけはまっさらな状態で見ておきたかった。


以下ネタバレありで感想書きなぐり。















■シンジが自分と向き合う旧作。その先を描くシン・エヴァンゲリオン

「初号機パイロットの欠けた自我をもって人々の補完を」

ゼーレのキール・ローレンツによるセリフですが、TV版・旧劇・コミックスいずれもシンジが自分の内面と向かい合って何らかの答えを出すのが
いずれの媒体でもエヴァの結末でした。

TV版では自己肯定。
旧劇・コミックスでは、自分と他者を違うものとして受け入れることでの自己確立。
いずれも自分の内面と決着をつけることがクライマックスで、それが終わった段階で速やかに、
唐突にも見える形で終劇となりました。

シン・エヴァンゲリオンではかなり長い尺を使って、シンジが寝ているか座り込んでいるか、
少し回復してからも殆ど何かを話すこともない時間をくどいくらい描写し続けます。

自分が起こしたことへのけじめ。
父親との対話。
レイ、アスカ、ミサトとの向き合い方。

こういった自分自身と向き合う作業を、旧劇やコミックにおけるサードインパクトのような極限状況に急かされてではなく、
かつての友人たちのサポートの中でゆっくりと完了します。


結果として再びエヴァに乗り込む時点で、欠けた自我の補完を完了させているのがシン・エヴァンゲリオンにおけるシンジです。


その発現が、
「綾波は綾波」という名付けに対する回答であり、
「自分で選ばなかったから」というアスカの怒りに対する理解であり、
「覚醒」「シンクロ率∞」と言うヒロイックな言葉に飾られた終盤であり、
ゲンドウのATフィールドにあっさりと手を伸ばす姿だと思います。

14歳で止まっていたシンジがその先に進んだのはこれが始めて(コミックス最終話のif世界はこれから歩みだそうとする姿)
だと思うので、見届けてよかったと思います。

こじつけ臭い話をすると、最後の目標である父親の対話。
ケンスケにも「父親と対話すべき」と言わせ、
「父子の対話」がきちんとされることはないまま終わってばかりだった過去作も越えて、
「恐怖や暴力で解決する話ではない」と
ロボット戦闘による決着をゲンドウが否定したのは、最後にして最大限の歩み寄りのように思えてよかったですね。




■綾波レイ
ひたすら農作業するアヤナミタイプが可愛い最初の20分くらい。

ありがとう。
さようなら。
涙。

みたいに綾波レイを象徴するシーンのキーワードを回収しつつ
名付けで「綾波は綾波だよ」と言わせた後に、黒いプラグスーツが白く変わるのはよかった。
Qで「綾波に似た何か」だったのが「別人だけどこれも綾波レイだよね」と認めた上での喪失が、シンジが再び立ち上がる契機に。

初搭乗→ラミエル→ゼルエル→今回と、シンジが覚悟決めるときは必ずレイが絡んでくるのである意味お約束。
一方TV版のカヲルだったり、劇中でも言及されたバルディエル戦なんかは覚悟を決めきれなかったので、その後の展開は必然辛いのだった。

後ロングヘアが思ったより似合ってました。
Qで影薄かった反動か、可愛いシーンをこれでもかと詰め込まれてたのでフィギュアとかいっぱい出そう。



■ミサト
たぶんQで一番株を下げてた人。

破の「行きなさいシンジくん!」がよかっただけに落差がひどかった。
破でああ言ったミサトとちゃんと陸続きになっていて、シンジに責任を負わせたことを悔いているのはよかったですね。
とはいえやっぱりQではもうちょっとコミュニケーションのしようがあったでしょう、という印象は拭えないものの
息子とも顔を合わせていなかったり、旧版から一貫した「不完全で臆病な大人」として見るとキャラがぶれていないとは言えるかも。
「シンジがエヴァに乗っていなかったらそもそも世界はとっくに終わってた」は言ってもらえてよかったけど、やっぱりQの態度が・・・ってなる。

旧劇のミサトは姉のような恋人のような立ち位置で死んでいきましたが、今回は明確に母親ポジションとして描かれていました。
実の息子とシンジが写った写真、母親代わりのミサトが問題解決のためのキーアイテムを命と引き換えに届け
実母であるユイがそれを用いてシンジを守ったあたりも「二人の母親」という印象を強く刷り込みました。

Q以降の髪型のほうが恰好いいんですけど、やっぱり昔の髪型に戻すことでクライマックス感が出てるのもいい演出。



■アスカ
「多分シンジのことが好きだったけど、私だけ先に大人になっちゃった」にシンジとの関係性が集約されている。

旧版だとメンタルが弱かった一方、新劇場版ではトップクラスにメンタルが強い。
旧版だと母親や加持といった依存先が必要だった一方でそういった素振りもなく(そもそも加持と接点がろくにない)、
エヴァパイロットであることに拠っているとはいえ旧版ほど病的ではなく。

表面的なキャラ描写は似通っていながら、設定的にも内面的にも旧版から一番変わったキャラじゃないでしょうか。

素っ裸をシンジに見られても動揺しないのは分かるものの、ケンスケに見られても平然としており
ケンスケも慣れた調子でタオルをかける・・・と怪しいところありましたが
どうもケンスケといい仲になっているらしく、このあたりも旧版からの大きな変更というサプライズ。
たしかに貞本エヴァ最終回で、アスカを見たケンスケが「すっげえかわいい子だったなあ」とか言ってましたけど。

ラストの駅ホームで談笑するレイ&カヲル、そこから少し離れてアスカがいたシーン、見落としましたが多分ケンスケが横にいたんですかね。
次見る時は見落とさないようにしたい。

成長したケンスケに、無精ひげも相まって加持さんがダブるのも意図的ですかね。
いやでもアスカとケンスケという組み合わせは想像しなかった・・・。
というかケンスケもう死んでいるものとばかり


■マリ
色々最後の最後でぶっこまれた人。

大まかな設定自体はコミックス同様、ゲンドウやユイの同級生で冬月の教え子・・・まではいいんですが
最後の最後で「イスカリオテのマリア」とかいう謎要素入ってきたり
シンジをかっさらっていったり、割とやりたい放題。

割と無敵キャラというか、好き放題やってあっさり死ぬか五体満足で生き残るかどっちかだとは思いましたが
シンジとカップリングするとは思わなかった。
レイでもアスカでもないんだ・・・みたいな。

なんだかんだもう12年選手なのでエヴァの歴史の半分くらいは登場してるんですが新キャラ感が持続してる。

アスカ/ケンスケ、シンジ/マリ、(微妙なところで)レイ/カヲルみたいな
カップリングを最後に立て続けに出されて、銀魂思い出してちょっと笑いそうになりました。
最終回発情期。
あんまりカップリングとか言う作品ではないので違和感が。

鬱々としたキャラが多い中一人だけ常時楽しそうで清涼剤のような役回り。
ロボットアクションとしての活躍はアスカとマリが一手に引き受けてました。
が、アクション動きすぎてよくわからない感。


■カヲル
最後までよくわからないヤツだった。
TV版での出会いの場所で対話してたり、TV版タイトル→旧劇場版タイトル→新劇場版タイトルと流す演出で
ループしてたんだろうな、というのは分かるんですが「渚司令」とかちょっと意味わからない。
でも出るだけでなんとなく嬉しいのは石田彰さんパワーだと思います。

客観的に見ると情報量少なすぎる謎キャラなんだけどな・・・!



■シンジ
「胸の大きい良い女」

お前誰だよ


声まで変わって、キャラも変わって本当誰だよってなりましたけど
中学生から14年(?)経てばキャラも変わるか・・・。
マリの手を引いて駆け出すシーンは、声も相まって「君の名は」とか始まっちゃいそうだった。

最後のインパクトが大きすぎますが、エヴァ再搭乗からの成長した感は本当に良かったですね。
エヴァ完結したんだな、と今度こそ思えました。

「まごころを君に」はちょっと解釈が難しすぎた。
最後の首絞め、20年以上たってもいまだに咀嚼できていない・・・。

ただ、あのラストがあったからこそ
あの時と同じ舞台でアスカに向かって「君のことを好きだったんだと思う」と笑いかけるシーンに感慨がありました。
旧劇場版を見ていない方はぜひ一度見てください。


■旧作からのシーン色々
TV版最終回、旧劇のラストシーン、コミックス最終巻のマリ話など
旧作からも色んなシーンが盛り込まれているので、エヴァを追い続けてきた人ほど
色んな発見があると思います。

さすがに山岸マユミや霧島マナはいなかったと思いますがどうかな…。
BD出たらゆっくり確認してみたいと思います。

posted by ポワロ at 13:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月01日

PSO2NGS 第1回CBT完了 

画像は『ファンタシースターオンライン2 ニュージェネシス』クローズドβテストにおいて撮影された実機画像です。

開発中のため、正式版とは異なる内容であり、今後改良される可能性があります。」

『ファンタシースターオンライン2 ニュージェネシス』公式サイト

https://new-gen.pso2.jp/


■念願の緊急

初日は戦闘力950に達成したところで終わったので、2日目ようやく緊急参加から。
pso20210131_200011_002.jpg
初日時点だと勘違いしてたんですが、マップから直接受注できるんですね。
開始前からマップを開いてると更新されず、開始時間になってから開きなおす必要がありました。

pso20210130_181254_005.jpg
というわけで記念すべき初緊急ボス。おそらく長い付き合いになることでしょう。色違いとかマイナーチェンジとか含めて。
レーザー系の攻撃が多くジャストガードがとりづらい・とってもカウンターが入りづらいですが、攻撃自体は避けやすいのでサクッと殴って撃破。

レーザーをダッシュで潜り抜けたりとPSO2にはあまりないプレイングもあり。
アイテム堀り、時によってはレベル上げすら緊急に依存してしまったのはPSO2の大きな失敗だったと思っているので、うまく通常の探索とバランスとってほしい所。



あとはコクーン・タワーを回ってスキルポイント全回収しつつ、ひたすらジャストガードの練習したりしながら
pso20210131_215929_022.jpg
3日間の全工程終了。
狙ったかどうかは不明ですが(そもそもブロックによって違うかも)日の出とともにCBT終了というのはよかったな。

2日目の時点で一通りコンテンツは遊んだかな、と思ったのですがなんだかんだ3日間ほぼフルで駆け回ってました。

倉庫問題とか、バランスとか。
色々不安なところもありつつも、全体としては綺麗になったフィールド・爽快になったアクションで期待を超えてきました。


遠くに見えるあの風景にいつか実際に行ける、という期待感がPSO2NGSの一番いい所じゃないかなと思います。
オープンワールド系のゲームほとんどやったことないのもあるんですが、今までただの背景だった
登れない崖、泳げない海、通行できない段差、そういうのを取っ払って自由自在に駆け回れるというのは魅力的に感じました。

pso20210131_215925_021.jpg
次回CBTはそんなに内容変わらないと思われますが、今回手の回らなかったRa,Fo,Teあたりをやろうかな。
次回が楽しみです。
posted by ポワロ at 01:17| Comment(0) | PSO2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする