2024年03月22日

FGOの終わりが近づく 奏章II イド

■FGO 奏章IIの重大なネタバレを含みます




















最近はソシャゲに時間を割くエネルギーがなくイベントも満足にプレイしてなかったのですが
メインストーリーはね、ということで奏章IIを遅れながらもクリア。


割と面白かったのですが、どうしても設定上もやもやする終わり方でした。
image0.png
「藤丸は復讐者として終わりを目指すわけじゃないから、俺たちアヴェンジャーはついていかない方がいいよね!ここでお別れだ!」
の展開の時点でイマイチ理屈が呑み込めずだったのですが






image6.png
アヴェンジャー軒並みリンクロスト。

いや丑御前とかマリーオルタはいいの????


クロエとかエリセは、なんちゃってアヴェンジャーというかどこがアヴェンジャー?みたいなところあるし
信長とかスペースイシュタルもぐだぐだ時空とかサーヴァントユニヴァースの住人だし、というところで
リンクロストしてても逆に反応に困るんですが、アヴェンジャーがダメだというなら
丑御前とか、思いっきりメインシナリオで出てきているマリーオルタはいいんだろうか...

想像するに、リンクロストしていないアヴェンジャーはメインシナリオ上契約していない扱いなんだと思いますが
うーん・・・・


image5.png
なお邪ンヌはバーサーカーの方もきっちりリンクロストしているので、別クラスでも同一人物とみなされる場合はアウトな模様。





Fate自体はstay/nightから一貫してサーヴァントとの別れがついて回っていたので
(といいつつUBWのグッドエンドとかHFTrueのライダーとか別れてないけど)
武蔵のDATA LOSTのあたりで、おそらく契約したサーヴァントがどんどんロストしていくんだろうなという想像はありました。
それこそ最後マシュしか残らないみたいな。


とはいえ、結構思い切ったなと思うのはLINK LOSTをきっちり表示しバーサーカーの邪ンヌもLOST扱いしたことで
「失われた」ことを突き付けてきた点。


今後のシナリオにおいて、メインに限らずおそらくイベントでさえも、武蔵同様にLOSTしたキャラは出てこれなくなったと思うんですよね。
逃げ道としては過去の回想として扱うことも出来ますが、それも多用はできないでしょうし。

image0.png
最後のセリフを素直に受け取ると、今後もどんどんExtraクラスは削られていくのでそのたびに
シナリオに登場できるキャラが減っていくのだと思います。


わかってはいたことですが、そろそろFGOも終わりに向けて畳みに来ているんだなという印象。
シナリオ上で全員復活、みたいなことをやるとしても最終盤でしょうし。




リリース日から、もっというと制作発表からの長い付き合いなので
寂しくもあり、完結を無事見届けたい気持ちもあり。
image1.png
ともあれ、巌窟王の最後がボイス入りだったのはよかったです。

でもPU2あたりで、さよならしたはずのアヴェンジャーで実装されそうなんですけどそのあたりどうなんですかね、モンテクリスト伯。
召喚即リンクロストはちょっとギャグになっちゃうんですけど。


image3.png
image4.png
妙に効率的な魔力運用とか青い令呪とか結局詳細語られませんでしたけど、次回以降の伏線なんですかね。
最初エデの影響かと思ったけどエデ離れてからも続いているので関係なさそうなんですよね。

エデと巌窟王について気になる方は
カルデアエースvol1に付属のドラマCDを聞くとよいかと思います。

と言いつつ自分が聞いてなかった。
買ったの7年前なのに。
なんだかドラマCDって聞くの後回しにしがち。




image1.png
しかし邪ンヌはモーション回収と同時にシナリオでもメインでいい扱いでしたね。
でももう出てこないのかー・・・・
posted by ポワロ at 22:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。