2024年03月19日

別に善ではないけれど

■今年は早々に

ふるさと納税をしました。

私の職場は割と唐突に、予兆なしに解雇があったりします。
来週会議をする予定だった人がもういない・・・。

なので自分自身、いつ無職となるか分かったものじゃなく
年内の収入も年末が近づかないと確定しない始末。

そんなわけでいつもふるさと納税は年末が近づいてからやるようにしています。
去年の年収基準で寄付した後無職になって、年収減、ふるさと納税枠縮小とか悲しいものね。


なのですが。
たまたま覗いたふるさと納税のポータルサイト「さとふる」にて

nouzei.jpg

最大44%還元!?
壊れたか?

目を疑うキャンペーンをやってました。
あまりに怪しすぎてポイント還元条件を何回もチェックしちゃった。


ふるさと納税の返礼品は総務省からのお達しもあり概ね市場価格計算で寄付金の3割なんですが、
各種ふるさと納税のポータルサイトが返礼品とは別に独自にamazonギフトコードとかを還元してたりします。
高くてもせいぜい10%還元なんですが今回は44%。

寄付金の3割の返礼品+寄付金の最大14%+寄付金の30%(対象寄付上限20万)=74%相当まで税金が帰ってくる計算


怪しい・・・。



amazonが参入するみたいな話もあるので今のうちに会員囲い込みたいとかあるのかもしれませんね。
特にさとふるは他大手と比べて返礼品の品ぞろえがイマイチ感あるし。


44%はあくまで最大還元率で、今回新規に登録からする人だと35.5%あたりでしょうか。それでも高い。


そんなわけでこの後クビになるかもしれないリスクと天秤にかけ今年は早々にふるさと納税をすることに



■ふるさとに納税しないふるさと納税


例年、家具とか「現金だと買わないけどちょっといいものがあると嬉しい」みたいなものを返礼品に選びがちで
ふるさと納税と言いつつ自分と縁もゆかりもない所に納税するのが殆ど。
ふるさと納税とは。

とは言え、いい加減欲しいものもないしなーと、思っていたところ
nouzei2.jpg

なるほど。
全然発想がなかったんですが、災害支援として被災地に納税する方法もあるんだな、と。

勿論支援を最優先に考えるなら、ふるさと納税ではなく普通に寄付した方が、とか
同じ納税でも返礼品なしにして100%寄付した方が、みたいな話もあるのですが。


でも人間が小さいからさ...それなりにまとまった金額をポンと出す度量がね....


なのでせせこましくも返礼品は返礼品でもらいつつ、今年は能登にも納税を。
後、故郷にも多少は納税を。


身銭を切っていいことを出来る人ばかりでは決してないと思うので、あくまで自分が得をする行動の一環として、
ちょっとだけ選択肢に入れてみると、遠回りのごくわずかであっても支援になるかも、などと思います。


ふるさと納税自体も制度としてどうなんだ、けしからん、というような話が出ることもありますが
興味がある方は、返礼品もらいつつ、がっぽりアマギフ還元されつつ、ちょっと被災地の返礼品など見てみるといかがでしょうか。

最大還元率の実施は日程が限られているのですが、今週の土曜にもまたやるようです。
スマホアプリからの申し込みじゃないと対象にならないので注意。



しかし今日の日記は怪しげなアフィリエイトサイト記事みたいになっちゃったな。
せめてもの抵抗としてあえてリンクは付けずに。
posted by ポワロ at 00:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。