2018年10月15日

ASTROBOTクリア

■個人的ゲームオブザイヤー
clear.jpg
チャレンジしたり、仲間を全員見つけたりやることがたくさん残っていますが
ひとまず全面クリア。

最初から最後まで、ゲームでここまでワクワクしたのはいつ以来だろう、というくらい
楽しかったです。

VRのゲームの面白さは、文章はおろか動画でも伝えるのが難しく、
一度やってみて・・・というのもなかなか敷居が高いのですが、
やっぱり何かの機会があればやってみてください、という所。

■It's me
me.jpg
わかめを被るプレイヤー。

動画だけ見ているとよくあるアクションでしょ?という感じなのですが
実際にプレイすると、プレイヤーもその場にいてアストロと一緒に進んでいく
没入感を感じることが出来ます。

こちらに迫ってくる大砲を、頭を振って交わし
天井から徐々に落ちてくる針山には、しゃがみながらなんとか先に進み・・・
という新感覚は一度体験の価値あり。

■悪いところは?
強いて言うならば、レベルで。

特に後半のボス戦は、一方的に攻撃される時間が長く
一戦あたりの時間も長いので、終盤で失敗するとやり直しが辛かったです。
same.jpg
特にこいつは、水のせいで動きづらいのと相まってかなり面倒だった・・・(´・ω・`)

逆に言うとそれくらいしか不満はなし。

■つまり超おすすめ

最初に数時間プレイした時も思いましたが、クリアして改めて
アストロボットはPSVR所持者には全員遊んでみてほしいレベル。

V専用ゲームという時点で母数が限られている部分はありますが
がっつり売れて、2とか出てくれるといいな・・・(´ー`)

とりあえずアストロのかわいいところを張っておしまい。

懐中電灯で照らされて眩しがるアストロ。
mabusii.jpg

海の中で、こちらの顔面にへばりついてくるアストロ。
hebarituki.jpg

アストロのねんどろいど的なものとか出ないかな・・・。
posted by ポワロ at 01:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

PSVR所持者は全員ASTRO BOTを買った方がいい

■ようやくでたVRのキラータイトル
astrobot.jpg

巷で高評価のASTRO BOT。

こういう可愛らしい系にはあまり興味がないのですが、PSVRも買ったものの全然使ってないな・・・
ということで購入。

結論から言うと、VRを持っている方は全員買った方がいいとお勧めできるレベル。
VRごと買う・・・はさすがに他のタイトルが充実してるといいづらいですが、
VRを買う動機に十分なるタイトルかと思います。

それほどVRタイトルをやったわけはないですが、今までPSVRで作られていたタイトルは
・画質がボケボケ
・VR感がない(視点移動くらいで、自分がその世界にいる感じがしない)
・ボリューム的にミニゲーム程度で、1,2時間プレイして終わり
・VR酔いする
どこかしら欠点を感じるものが多かったのですが、丁寧に全部の悪いところを潰していったという感じ。

プレイヤーは、外側からアストロを見つめ時にサポートするロボットとなりながら
アストロをマリオよろしく操っていくわけですが、
まず、アストロが圧倒的にかわいい。

目が合うと手を振ったり、歩きながらこちらをチラチラ振り返ったり小動物のような
アストロの一つ一つのしぐさが秀逸。

またVRでは、視点変更だけで前後左右への移動はかなり制限されているようなケースも多いのですが
このゲームではかなりプレイヤー自身の移動が、ゲームに影響するようにできており

たとえば、裏に何があるかわからないこんな壁も、数歩前に進んで覗き込めば
wall1.jpg

wall2.jpg
裏にコインと敵が隠れています。
通常のアクションゲームだと、レバーで視点移動をして、という所なのですが
VRなのでプレイヤー自身が覗き込む形。

実際に移動するアストロの操作だけでなく、プレイヤー自身がそこにいてあたりを見回しているような感覚、
それがゲーム内容に活かされるようなデザインは、まさにVRに求めていたもの。
意外とこれが出来るゲームが少なくて発売当初は少々がっかりしましたが、ようやく。

astro.jpg
無理に難点を挙げるとすれば、アクションゲームとしてはかなり簡単なほうだと思うので
難しいプレイングを楽しむ層には物足りないかもしれませんが、裏を返せばだれでも楽しめる難易度。
後は割と動き回るので、そのうちケーブルがひっかかって本体が落下しそう(´・ω・`)

今後PSVRを買った際には、まず最初の1本はこれ、ということになりそう。
posted by ポワロ at 18:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

読書の秋

■糖分が足りない
dorayaki.jpg
ここのところ残業残業アンド残業でぐったり。
そんな時には甘味。亀十のどら焼きは黒餡に限る・・・!

どら焼きとしてはちょっとお高めなんですがお値段以上のおいしさ。
週1くらいで食べたい(´ー`)

■あとわずか
お腹もくちくなったところで、読めていなかったアレやコレやを一気に読了。

horizon2.jpg
ホライゾンはいよいよ、今冬発刊予定の残り1冊にて完結。
ここまでくると大体すべてが見せ場ですが、教皇総長との対決から始まった物語が
教皇総長との対話で一区切りになるのはやっぱりうれしい。

イノケンティウスって、RPGだとボス性能のまま最終盤に加入してくる系キャラのにおいがする・・・。

senki.jpg
全然情報を追ってなかったのでいきなり発売されていてびっくりした星界。
何年ぶりだ、5年ぶりか・・・と思ったものの
IVからVは9年空いていたみたいなので、それを思えば早かったですね。

物語の中では「あれから10年・・・」になっていますが、もともと時間描写があいまいで、
キャラも種族特性上あまり時間というものを気にしないので、作中では時間が経過した感じはなく。

むしろ読者のほうが、前巻の頃から年を取ったなあ・・・と感じる、息の長いシリーズ。

だいぶ前巻までの流れを忘れてしまっていたので、近いうちに紋章から読み直したいところ。
とりあえずスポールさんは相変わらずスポールさんだったのが良かったです。


■久々に家庭用ゲーム
甘いもの食べて本を読んでゲームをする、という自堕落極まりない感じですが
spider1.jpg
ひさびさにFGO以外のゲーム。
ということでPS4のスパイダーマン。

スパイダーマンというと、トビーマグワイアが主演していた映画の1作目くらいしか知識がないので
あまり思い入れはなかったんですがこれは楽しい。

spider2.jpg
ニューヨークを自由自在に飛び回って、気が向いたらポコポコ沸いてくる悪人を懲らしめる自由なゲーム。
普段ゲームのSSとかはこだわらない性質ですが、街並みもよく出来ているので写真を撮るだけでも楽しめます。



難点といえば、普段アクションゲームをあんまりしない人間としてはちょっと難しすぎる(==;)
チュートリアル戦闘でいきなりチンピラに殴り殺され、難易度を最低にしてもボスに何回も倒される始末。
レベルの概念があるので、レベル上げをすれば救済はされますが難易度もう一つ下くらいがあってもいいんじゃないかなーという感想。


あんまり新しいゲームをやってなかったので比較対象がないですが、
ファンはもちろん、そうでない人も楽しめるかと思います。


とりあえずニューヨークに行った気持になって観光プレイ中・・・。
本物に行ったことないからどれくらい忠実なのかわからないけど。
posted by ポワロ at 22:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする