2019年06月15日

終活の勧め

■終活、してますか?

胡散臭い書き出しですが。

両親が旅立って、さてあれは何年前だったか…。
と今年の法事も終え、もろもろの整理がついたところで終活の話など何かの参考になれば。


そもそも終活とはなんぞや。
wikipediaさんによると

>終活(しゅうかつ)とは「人生の終わりのための活動」の略。
>人間が自らの死を意識して、人生の最期を迎えるための様々な準備や、そこに向けた人生の総括を意味する言葉である。

らしいです。

遺言書残したり「わしが死んだら灰はエーゲ海に・・・」とかですね。
後者は一度言ってみたいんですけど、そもそもエーゲ海行ったことないわ。





■急に亡くなった!その時起きること

「生きているうちから死んだ後の話をしてはいけない」みたいな風潮がまだまだ少なからずあって、
今夜が峠です・・・となってから慌て始めるのはよくあること。

我が家でした。


そうは言っても、いきなりお亡くなりになることだって当然ある中
何の備えもないと残された人間は大変苦労します。しました。


というわけで我が家のケーススタディとして、起きたことをプライバシーにかからない範囲で。
ちなみに、ご両親が自分一人で回しているような自営業だったりすると難易度は跳ね上がると感じています。



■連絡先が分からない!
亡くなったらすぐにお通夜とお葬式の段取りに入るわけですが、いきなりの関門。


誰を呼べばいいんだ・・・?


新聞社から「お悔やみを載せませんか」というご連絡があるかと思うので、
無料の範囲だけでも乗せておくとある程度はカバーできます。

とはいえ新聞の購読率もどんどん下がっている最中であり、
そうでなくとも遠方には当然リーチできない。


別に無理して呼ばなくたっていいんじゃない?
と考えていましたが、これはこれで葬式をやる側にも不都合が出てきます。

・遅れて訃報を知った方からコンタクトが来る
葬式の一番いいところは、故人を偲んでくださる方とのコミュニケーションが、
通夜・葬式とやっても2日間にまとめてしまえることです(火葬・納骨はごく限られた人数になるので省略)

残された人にも毎日の生活があるので、葬儀の後にも頻繁に対応をするのは心身共に負担となります。
とはいえ呼ぼうにも故人との関係性が分からない、そもそも連絡先が分からなければコンタクトしようもない。


・「不義理を働いちゃダメ!亡くなった人が悲しむよ!!!」みたいなことを言い出すヤツが一人くらいいる
お前はイタコか。

うちの周りだけかと思っていましたが、同じような経験をした話をちょいちょい聞くので
決してレアケースではないのだと思います。

そういうことを強硬に主張する人ほど、諸々の後始末に対して何かする立場ではなかったりするので、
お前本当に(罵詈雑言)

とはいえ、こう言った主張と真正面から対決するのは、臨終→通夜→葬式 とほぼ不眠不休の
コンディションの中では厳しい。
「亡くなった人間の意向」が明確になっていたならば、それを大義名分にできるので非常に楽になるかと思います。



■借入金が分からない!

会社員だとあまり問題にならないですが、
自営業だと銀行からの借入金が大抵あると思います。
とはいえ、銀行は放っておいてもきちんとした書類を揃えて連絡してくるので
それほど困らないと思います。

問題は個人からの借入金があった場合。
親族だったり友人だったり、仕事でお付き合いのある方から借りたりしていると非常に大変。

借りたにしても、書類がきちんと揃っているかどうかなんてのは
遺族からすると分かりようがないので、最終的には先方の借用書をもとに判断するとしても
「いくらかわからないが、借り入れがあるらしい」というのは、
遺産相続するか放棄するかの判断にも影響するため、非常にストレスになります。
(相続の範囲でだけ返済する「限定承認」もありますが、諸々難易度が高いので省略)



■売掛金も分からない!

これはもう、こちら側できちんとした帳簿を残していないと
(残していたとしても、どこに帳簿があるかも含め遺族が分かるようになってないと)無理です。

故人とどれだけ親しく付き合っていたとしても、亡くなったとなれば
義理堅くお支払いに来てくださる方は極めて稀です。

あとで踏み倒されていたことに気づいた事例は我が家でもありましたが。。
本来遺族がどうこうの世界ではないと思いますが、生前からの帳簿管理も含め
十分な対策をしないと最悪「売掛が回収できないことにより、返すべき借り入れが返せない」ことで
周りに迷惑をかけてしまうこともあり得ます。



■どうしてほしいのか分からない!

葬式なんて安いのでいい、戒名も最低限でいい

自分の葬式について考えたとき、そういう風に思う人は少なくないと思います。
が、葬式を取り仕切るのは、生前から手配をしていなければ「自分ではない誰か」になります。

そうなってくると
・「不義理を働いちゃダメ!亡くなった人が悲しむよ!!!」みたいなことを言い出すヤツが一人くらいいる
本当お前一回(聞くに堪えない罵詈雑言の嵐)

もちろん個人に対して立派なお葬式をしてあげたり、出来る限りを尽くすということを否定するものではないですが、
それで残された人間が大変な思いをするのも望ましいことではないと思います。
かといって簡素に偏ればいいかと言うと、周りの雑音はさておいても、遺族側で「これで十分だったんだろうか・・・?」という
モヤモヤを残すことに。

それを防ぐには、やはり「故人がどうしたいか」が明文化されていることです。



■残された人が困らないように

長い前置きでしたが。

自分のためというより遺族のために
終活しておくと残された人の苦労が減るよ、という話。

周りの人と生前から話をしておければそれが一番でしょうが、
やっぱり「もしもの時の話」ってまだまだしづらいんじゃないでしょうか。
わざわざ家族を集めて「私が死んだら〜」とか言い出すと

大病でも患ったのかな・・・?

と心配されそうですし。
かといって遺言書まで作るのも大げさだし、そこまでするほどの資産があるわけでもなし。
image1.jpeg

そんなところで、エンディングノートとか色んなのが売ってるので
一度書いておくと安心じゃないかと思います。

・(友達少ないから)この人たちだけに連絡してくれればいいです
・借金ないです
・貸付もないです
・銀行は3つ口座あります
・葬式は最低限でいいです
・遺影の写真これつかってね。これ、すごい気合い入れて撮ったやつだから。

みたいなことをまとめておくと、たったこれだけのことでも遺族は楽になります。
大抵は「作成した日」を書く欄がありますが、時間が空きすぎていると
情報が最新なのか遺族が判断に困ると思うので
一年に一度くらい「内容確認して更新した」旨書いておくと尚よいかと。


なにより
image2.jpeg
gazou3.jpg


最重要ですね。


備考に「絶対見るな、電源も入れるな、HDDとSSDは専門の破壊サービスを使ってください!!!」
まで書こうか悩みましたが、そこまで書くと逆に見られそうなので止めました。

兄弟姉妹はともかく、子供や甥姪に見られるとダメージでかいと思うので
最低限ここだけは残しておきましょう!!!!

これが言いたかっただけなのに長くなった(´・ω・`)

posted by ポワロ at 17:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

Fate/stay night Heaven's Feel をようやく見た

■久々の映画館

公開されてから1か月以上たってますので
感想なんかもツイッターとかで散々上がった後ではありますが。

ようやくヘブンズフィール第2章を見に行けたので、超面白かったよ見に行こう!というだけの感想日記です。
ネタバレありありですのでその点ご容赦を。

■見どころその1 バーサーカー vs セイバーオルタ
berserker.jpg

原作でも黒い影を振り切って突進したり、さすが大英雄なバーサーカーですが
映画を見た後だと原作はあっさりに感じるくらい暴れ放題のバーサーカー、そしてセイバーオルタ。

原作における章タイトルが「爆心地へ」なのですが、爆心地というフレーズが比喩でなくそのまんま。
セイバーオルタは影の関係でブースト状態になっているとしても、バーサーカーは素でアレなので
あらためてUBWとか見るとギル様よく圧勝したな…となること請け合い。

殴り飛ばした後、相手の吹き飛ぶ先に先回りして蹴り上げとか
ドラゴンボールの世界観でもやっていけそうな暴れっぷり。

最終章でアレを倒せることに納得感の出る演出って相当難しいと思うんですが、
いまからナインライブズ・ブレイドワークスのシーンが楽しみです。


■見どころその2 ローアイアス
bomb.jpg
バーサーカー vs セイバーオルタ戦の後、逃走する中で
凜をかばってアーチャーは影に貫かれ、士郎は影の爆発で左手を失うーーーのは原作と同じなのですが、
追加されたシーンとして影の爆発に対し
アーチャーがロー・アイアスを使い、士郎がそれを目撃する場面が。

1章でもルールブレイカーを目にするカットがありましたが、
2章ではローアイアスが士郎の目に長く映り込む、印象的なシーンになっています。

原作のHeaven'sFeelでは士郎がロー・アイアスを目撃することはないので
終盤の展開は「アーチャーの左腕から読み取った」という解釈になるんでしょうが
映画はこの後の展開と繋がりやすくなるよう、このシーンを丁寧に描いています。

左腕がらみだと言峰による説明シーンはカット。
士郎のモノローグがないのと合わせ、左腕の時限爆弾感が伝わりづらいのだけはやや残念。

時限爆弾としての左腕が移植されたことで、腕を単に失うよりも
「もう日常に戻れない」感がHeaven'sFeelの雰囲気を作る一役を担っていると思います。


■見どころその3 鍵
key.jpg
ちょっと臙条君思い出した。

中学生の桜がもらった衛宮家の鍵が「大切なもの」として印象的に使われていました。

一度目は、逃げ出した際に落としていく物として。
二度目は、帰る場所として、もう一度与えられた物として。
三度目に、臓硯との対決を決意し「もう戻れない」という覚悟として自ら置いていった物として。

鍵を帰るべき場所のシンボルとして使うのはおなじみの手法ですが、こういう演出大好き。


■見どころその4 えこひいきしたっていいんだよ

で。


派手なシーンでも何でもないのですが、個人的に今回の映画における最大の見どころ。

士郎が桜の味方になることを決めた後、
桜のお見舞いに大河が来るシーン。

士郎から「正義の味方になる」という夢を奪ってしまったと嘆く桜に
「別にえこひいきしたっていんだよ」
「士郎がなりたいのが切嗣なら、切嗣だってそうだったよ」
という風なことをサラッと。

劇中で士郎も桜も、切嗣のような正義の味方の道に反した、と捉えているんですが
誰でもの味方でなくとも、誰かだけの味方であっても別にいいんじゃない?という肯定。
kiritsugu.jpg
原作の時点では切嗣の描写がまだ不足していたのでそこまで分かりづらいのですが、
(厳密にはパラレルだけど)Zeroを経た後だと、切嗣も最終的に「機械的な最大多数の最大幸福」を否定してるんですよね。

ついでに扉の向こうで聞いているイリヤに
晩年の切嗣が何を思っていたのか、間接的に伝えるといういい仕事っぷり。
士郎とエミヤが聞いていなかったのが残念です。

ここは原作には一切ない、というか大河の出番自体がHfにない・・・中において
映画が生んだいいシーンだと思いますので是非一度ご覧ください。


■お色気シーンはぎりぎりセーフ

Heven'sFeelといえば元が元なので、気まずいシーンが盛りだくさんみたいな評判がそこかしこで。
映画のベッドシーンとかが苦手な身としてはちょっと心配だったのですが
個人的にはぎりぎりセーフ。

艶めかしいシーンもあり、虫のキモイシーンもあり、ということで万人にお勧めとはちょっと言いづらいですが
原作からのファンは勿論、FGOからのファンも一度ぜひ見に行ってみるといいよ!という宣伝まで。
posted by ポワロ at 22:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

去り行く年

■今年も一年、無事過ごせました

2018年が終わり、平成も終わりまであとわずか。
今年はどのような年だったでしょうか。


・・・仕事してた記憶しかないね?


望んだわけでもないですが、仕事にエネルギーの大半を割かざるを得ず
いろんなやりたかったことが積み残しになりました。積んだままの本とかゲームとかがえらいことに。
gravity.jpg
発売日に買ったのに割と序盤で止まってる・・・!

とはいえ。とても良いことはなくとも、とても悪いこともなく。
それなりに平穏な一念だったので、願わくば来年も平穏でありますように。
もう少し残業が減ってくれればなおよし。

■終わりが見えてきた、GrandOrder
fujino.png

一時期休止していましたが、浅上藤乃実装でまんまと戻されたFGO。

TYPE−MOON作品は数多くあれど、空の境界はその中でも特別だから仕方ないネ。
ストーリーには全く絡んできませんが、そもそも小説から20年近くを経て
また表舞台に出る機会があるとは思ってなかったので嬉しい限り。

FGOは、古くからのファンほど複雑な気持ちを抱く、そういった感想をそこかしこで見かけます。
言いたいことはわかる、という部分もありつつ
あれやこれやを掘り返し、新しい舞台を与えたことは手放しで称賛したいです。


「2部完結でFGOは閉める」という発言が一部で騒ぎになったインタビューですが、
大変読みごたえがあるので未読の方は一読をお勧め。

個人的にはシナリオあってこそのFGOなので、物語が閉じればゲーム自体が終わるのも当然、という感想。

Fate自体が「サーヴァントとの別れ」を重要なものとして描かれた物語であることは
過去のインタビューでもたびたび語られている通り。
anri.jpg
ーーー終わりでも見てみないと。

というわけでおそらくは再来年あたりになるであろう結末が、(2020年完結として)5年間の時間に見合った
素晴らしいものであることを願うばかり。

それはそれとして福袋は無記名以外を切に希望します(´・ω・`)


■PSO2

こっちはこっちで「サービス10年大丈夫か・・・?」みたいな話ばかりが聞こえてくるPSO2。
ちょいちょいブログやツイッターで情報は入れているのですが、
「よくなったよ!!」みたいな話があんまり聞こえてこない・・・。

見返すと今年は6月ごろまでプレイしていたものの、その後を境にさっぱり。
特に何かやる気を失わせるような問題があったわけでなく、
「あんまりやることないなー」と自然とフェードアウト。

安易な高難易度化・コア化は失敗への最短距離、ということは過去の諸々が証明していることですが
それを踏まえてもPSO2は良くも悪くも「復帰して1か月もすれば大抵のことが追い付ける」くらいのバランスなので
割とすぐ「この後何しよう?」になってしまいました。
pso20180607_203435_003.jpg

フレンドさんとしょっちゅう遊べるような人だとまた違うと思いますが、
現状だと「☆16が実装されたらまたちょっとやってみようかな・・・?」くらいの気持ち。

来年には新クラスも始まるそうなので、思わず再開したくなるような熱気が感じられるといいなあ。

■PSVR
astrobot.jpg
かたや、近年スマホゲームに押されっぱなしの印象があったコンシューマーゲームはいいもの続々。
特にPSVRは、初期のゲームといいつつゲームになっていないものが多かった惨状から
「もうだめかな・・・」とあきらめていたものの、ここにきてようやく待ち望んでいたものが。

VRの用意はハードルが高いので、今後もセールス的には厳しいものが続きそうですが
astroboot、デラシネと今後に期待したくなる一年でした。
特にastrobotはVR持ちは買わない選択肢がないです。

とうとう年内は日本版配信が間に合わなかったbeatsaberも早く・・・!

■amazonで買える時代
IMG_3281.JPG
とかなんとか書いてたら、頼んでいた本が届いたので読んでたら年が明けてしまいそう。

皆様よいお年を。
エルメロイII世の事件簿はkindleでも配信されていますよ・・・!(宣伝)

posted by ポワロ at 18:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする